色のトラブル

プリンターを使用していると、自分でインクを変えなければならないことになります。
型番が合うものを必ず使用するのですが、現在インクは純正インク、互換インク、リサイクルインクなどの種類があります。

たいていは、メーカー製造の純正インクがよりキレイに印刷されるとは予想ができますが、互換インクやリサイクルインクであったとしても、トラブルは少なくなっています。
特にあまり重要ではない印刷については、印刷コストを下げたい方には、互換インクやリサイクルインクでも十分という方が増えています。

ただ、どうしても純正インクと比較をすると、色の加減が少し不安な場合も否定出来ないのですが、これには幾つか考えられる理由があります。
では、純正インクでなければならないのか?というと、そうではありません。

互換インクのメーカーもリサイクルインクのメーカーも複数あります。
ということは、それぞれの製造方法が違ったり、インクの質も少しずつ違ったものを使用していることになります。
ですから、互換インクであってもリサイクルインクであっても、同じものを使用することをお勧めします。
要するに同じメーカーの互換インクやリサイクルインクを使い続けることです。

こうすることで、インクによる色の加減が変化することはないとされています。
もちろんプリンターのクリーニングなどのメンテナンスをしたうえでのことですが、一概に互換インクやリサイクルインクでは色がおかしいということはないとされています。



◎注目サイト
印刷コストを下げられるリサイクルトナーの通販サイトです ―> リサイクルトナー

Copyright © 2014 インクのトラブルについて All Rights Reserved.